CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BASIA/Drunk On Love
cover

BASIAは、元々MATT BIANCOという超イケてるユニットでヴォーカルをやっていました。MATT BIANCOはボサノヴァやラテン、スパニッシュなど、色々な要素を器用に取り入れた多彩なサウンドが特長で、けっこう息の長い活動をしています。

このDrunk On Loveは少しだけアシッドジャズのフレーヴァが入った爽快な一曲。ドライブの時なんかに聴くといいかもしれません。

DJやってる友達(女)にゴリゴリのHIPHOPのMixテープを作ってもらったら、普通にこの曲が入っていたときは、上手いなーと思いました。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
BASIA/Drunk On Love
| R&B[R&B] | 20:31 | comments(0) | trackbacks(2) |
GWEN GUTHRIE/(They Long To Be) Close To You
cover

GWEN GUTHRIEによる溌剌とした、THE CARPENTERSの名曲カヴァー。
原曲と比べ、メロディとピッチがかなり変わっており、一聴すると原曲が何かわからないです。とはいえ、これ以上ないくらい、とても清々しいR&Bに仕上がっており、今の季節けっこうマッチするのではないでしょうか。

GWEN GUTHRIEにはSeventh Heavenという、昔クラブでめちゃくちゃヒットした曲があります。これは女性受け間違いなしのキラートラックです。

他にもガラージDJのLARRY LEVANがMIXした、Padlockという大変な名曲を持っており、けっこうクラブで受けるアーティストの印象があります。

彼女の気持ちの良い声質が大好きです。90年代R&B好きにオススメ♪

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
GWEN GUTHRIE/(They Long To Be) Close To You
| R&B[R&B] | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
MARY JANE GIRLS/All Night Long
cover

先日8/6に、ファンク界の大物RICK JAMESが亡くなりました。
まだ56歳という若さであり、ニューアルバムの発売準備もあったらしく、まったくもって残念でなりません。

彼はPUNK FUNKという独自のジャンルを確立し、セクシーというよりは、いやらしい声質と、力強いロック寄りのファンクサウンドで、誰とも違う音楽を追求していました。

そんな彼への追悼の意を込めつつ、今回は彼がプロデュースしたグループMARY JANE GIRLSの大ネタ、All Night Longを紹介します。

この曲は後のHIPHOP、R&Bのサンプリングネタとして重宝されました。
原曲より、サンプリングされた曲の方を先に聴いている人も多いかもですね。

それにしてもすごいジャケットですね。。。
こういうジャケット嫌いじゃないです。いや、むしろ好き。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
MARY JANE GIRLS/All Night Long
| R&B[R&B] | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
EUGENE WILDE/Gotta Get You Home Tonight
cover

今日はブラコン(ブラック・コンテンポラリー)ど真ん中の一曲です。
ブラコンは80年代を中心に流行ったジャンルで、ソウルミュージックよりもソフィスティケイトされたメロディに、打ち込み等も取り入れたサウンドで非常に都会的な音楽です。ソウルの熱さと対照的にクールな印象を持つのがブラコンの特徴です。

しかし当時いかに都会的で洗練されていたとは言え、今聴くと絶妙に古臭く、ジャケットはどれも甲乙つけ難いダサさですが、好きな人にはそれがタマりません。ブラコンには独特な魅力があります。

この曲を知ったのは、当時FOXY BROWNが97年にGet Me HomeCDという曲でトラックをサンプリングしているのを聴いて以来、ずっと気になっていて、調べたのがきっかけです。

EUGENE WILDEの妹のDEE DEE WILDEは、兄よりも良い曲をたくさん出していますので、気になる方はチェックしてみてください。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
EUGENE WILDE/Gotta Get You Home Tonight
| R&B[R&B] | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
SHIRO/Can We Talk
cover

サーバの移行でしばらくブログが使えなかったので、久々の更新です。

今日はちょっと懐かしい胸キュンR&Bを紹介。
1995年にリリースされたSHIROCan We Talkです。1995年前後ってのは、HIPHOPやR&Bの名曲がたくさん生まれた素晴らしい時代だったと思います。
この曲もまさに時代の産物で、当時のブラック系クラブイベントでは、かなりヘビーローテでかかってました。トラックもキャッチーでわかり易く、程よくメロウ。
当時やたらウケが良かった(今もウケ良いんだろうけど)女性ヴォーカル物というところも、ポイント高いです。

結局、SHIROはこの一曲だけの一発屋で終わっちゃったのですが、当時クラブに通ってた人の多くは、この一曲にいろんな思い出が詰まっているんじゃないでしょうか。
懐かしくって、甘酸っぱくって…、たまに聴くといいもんですね。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
SHIRO/Can We Talk
| R&B[R&B] | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
WADE O. BROWN/Complete
cover

喉を痛めて早3週間。咳は止まらないし、痰は絡むし最悪です。
薬は飲んでるんだけれど、治る気配がない。どうしたもんでしょう…。

それはさておき、今日はSOULです。
WADE O. BROWNというカナダ出身のシンガーで、このアルバムも去年か一昨年に出たのですが、誰も知らないかなりマイナーな人です。
僕の周りで一時、メチャクチャ歌が上手い奴がいる!ということで、
この人が話題になりました。実際、とんでもなく歌上手いです。

2年くらい前、やたら歌唱力がある男性R&Bシンガーが妙にたくさん
出てきて、てんこ盛り状態でした。歌唱力はもうどれも最高レベルなので、
後は顔で選べって感じでした。

その中で、このWADE O. BROWNはダントツ上手かったし、楽曲も良かった。顔もイカツイし。

LUTHER VANDOROSSとか、ALEXANDER O'NEAL(古い!?)辺りが好きな人にはヒットすると思うんですよね。
あまりにマイナーで、せっかく出したCDも廃盤になっちゃいそうな勢いなんで、買ってあげて聴いてあげてください。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
WADE O. BROWN/Complete
| R&B[R&B] | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>