CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
MTUME/Juicy Fruit
cover

JAMES MTUME率いる最強のファンクグループMTUMEを紹介します。
読みづらい名前ですが、“エムトゥーメ”と読みます。

J.MTUMEの作る音は透明感があり、独特な黒さも兼ね備えています。
いいなーと思った曲のクレジットを見ると、この人が作曲していたりということがけっこうありました。個人的にMTUMEサウンドがツボなんです。

Juicy Fruitは彼らのヒット曲。とにかくカッコ良いの一言。
メロディラインや音使いは、正に典型的なMTUMEサウンドです。
シンセの使い方、ヴォーカルTAWASAのシルキーな声、どこをとっても素晴らしい出来で、もう完璧!
確かリリース時は、8週連続でR&BチャートNo.1を記録したと思います。

後にラッパーのNOTORIOUS BIGJuicyCDという曲でこの曲をサンプリングし、ヒットさせました。こちらもクールな出来栄えです。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
MTUME/Juicy Fruit
| FUNK[ファンク] | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
GWEN GUTHRIE/(They Long To Be) Close To You
cover

GWEN GUTHRIEによる溌剌とした、THE CARPENTERSの名曲カヴァー。
原曲と比べ、メロディとピッチがかなり変わっており、一聴すると原曲が何かわからないです。とはいえ、これ以上ないくらい、とても清々しいR&Bに仕上がっており、今の季節けっこうマッチするのではないでしょうか。

GWEN GUTHRIEにはSeventh Heavenという、昔クラブでめちゃくちゃヒットした曲があります。これは女性受け間違いなしのキラートラックです。

他にもガラージDJのLARRY LEVANがMIXした、Padlockという大変な名曲を持っており、けっこうクラブで受けるアーティストの印象があります。

彼女の気持ちの良い声質が大好きです。90年代R&B好きにオススメ♪

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
GWEN GUTHRIE/(They Long To Be) Close To You
| R&B[R&B] | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE JACKSONS/Keep On Dancing
cover

昨日紹介した曲がKeep Onだったので、このテンションをキープしつつ、今日の一曲はKeep On Dancingです。

因みにJACKSON 5じゃなくてJACKSONSなのでご注意を。
JACKSON 5が、MOTOWNからSONYに移籍する際、この名前に変更しました。

Keep On Dancingは、熱気を孕みつつも静かな演奏で始まります。
しかし徐々にピッチが上がっていき、1コーラス終了と共にパワー全開!
・・・ってな感じの曲ですね。この盛り上げ方が最高にいいんです。

JACKSONSJACKSON 5)って、どの曲も全部完ペキなんですよね。
MICHAEL JACKSONはやっぱ天才だよ、絶対。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
THE JACKSONS/Keep On Dancing
| SOUL[ソウル] | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
D TRAIN/Keep On
cover

ファンクだよ!全員集合!
・・・というわけで、ディスコキングD TRAINの登場です。

D TRAINは、You're the One for Meといったダンスナンバーで大ヒットを飛ばし、当時のディスコではこの人の曲がかかりまくりでした。
今日はその中でも、80年代の空気ムンムンのナンバーKeep Onを紹介します。

ブレイクにかかるコーラスは、あのZOOChoo Choo Trainのイントロにサンプリングされています。聴けば納得です。

今では日本でも当然のように行なわれているサンプリングという手法ですが、Choo Choo Trainがリリースされたのは1991年。この頃から、サンプリングを使った曲作りをしていたZOOはすごい。“早い”です。

この翌年、小沢健二スチャダラパーと組んで、「今夜はブギー・バック」をリリース。これが恐らく、歌モノとラップのコラボナンバーとしては日本初じゃないでしょうか。邦楽もこの頃から、どんどんとフレキシブルになっていくのです。・・・余談でした。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
D TRAIN/Keep On
| DANCE[ダンス] | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
PAPRIKA SOUL/He Loves You 99
cover

PAPRIKA SOULの、カヴァー曲ばっかり収録されたアルバムからの一曲。

He Loves Youの原曲はSEAWINDというバンドです。
物凄く爽やかで、クラブでも回せちゃうグルーヴィナンバー。
昔DJをやっている友人と、原曲とPAPRIKA SOULヴァージョンのどっちがカッコ良いかで何時間も論議したという、バカな思い出があります。

今日紹介してるアルバムはどの曲も名曲のカヴァーばかりなので、ある意味ベストアルバム的でお得です。クラブではもちろん、家でも聴ける適度なテンションのハウスミュージック満載となっております。

He Loves Youの他には、VIVA BRASILSkindo Le Leのカヴァーなんかがオススメです。サビが「チキドンチキドン…」と言っているように聴こえたら要注意。次からそのようにしか聴こえなくなり、まともに聴けません。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
PAPRIKA SOUL/He Loves You 99
| CLUB[クラブ] | 20:30 | comments(3) | trackbacks(1) |
FRANKIE VALLI/Swearin' To God
cover

今日はFRANKIE VALLIです。
ディスコの超名曲にして有名曲である、あのCan't Take My Eyes Off You(邦題:君の瞳に恋してる)の原曲を歌っていたのは彼です。

彼はブルーアイドソウル(白人のソウルミュージック)の代表格で、FOUR SEASONSというコーラスグループにも在籍していました。
グループではDecember,1963(Oh,What A Night)という、メチャメチャ良い曲を出しています。

おフランスな雰囲気で、かなり甘い歌声なんですよね。
Swearin' To Godは、込み上げるような展開がすごく良いんです。

今日リンク先で紹介しているCDは、恐縮なくらい思いきりダサいジャケットなんですが、内容は文句なしで良いです。かなりオススメ。

CD今日ご紹介した曲はこちらから購入できます♪
FRANKIE VALLI/Swearin' To God
| SOUL[ソウル] | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 3/8PAGES | >>